モンカビNews

mon cabinetオーナーのブログ。
新着商品&オススメ商品の紹介はもちろん、オーナーtataが語るセンスアップの為の情報が満載です!!
♪サイン会♪

以前、tataの似顔絵を描いていただいた時にもこのブログで紹介しましたが
(2005/11/22付) backクリックすると見れま〜す♪
当店のお客様でマンガ家の東村アキコ先生のサイン会が新宿高島屋の紀伊国屋書店であるらしいとの情報を聞きつけたので『突然行って驚かせちゃおっ!!』なーんてイタズラ心がウズウズ。

モンカビ営業時間中でしたが、お店はバイトのチカちゃんに任せていざ新宿へでんしゃ

雨の中ダッシュGO!して、紀伊国屋書店到着〜プシュー
1Fのコミック売り場へ直行して、
先生の新刊『ひまわりっ 健一レジェンド』(モーニング連載中)を
ゼイゼイ言いながら購入backかなりアヤシイピピピ

整理券を無事ゲットできました〜チョキ

すでにサイン会開始時間10分前。急いで外に出て、人だかりの方へ行くと。
すげー人!!!

せんせーすごいじゃないですかぁあびっくり!
マンガ家のサイン会はtataには全くもって未知の分野で、
やっぱ少女マンガ大好き系の女の子が多いんだろな〜。。。
なんて思いきや、モーニングに連載中のためか、半分以上が男性でした。オシャレなオトナの女性も多かったです。

そして列につき、ひたすら待ち。その間に購入した健一レジェンドを読むtata読書

読み初めてすぐ、これはアキコ先生とお父さんの話じゃないかなと思いましたが、あとがきを見たらほとんどが実話とのこと。
健一おもしろすぎです!!

特に、チェーンベルトの話は、tataのツボにぴたりとハマり、並びながら声を出して笑ってしまいました。back相当ブキミピピピ

しっかし、1時間以上待ったとよ〜。寒くて凍りついたとです。。。(健一風)

そしてやっと中へ。
よくモンカビにいらしてくれるアシスタントの方を発見ひらめき
向こうもtataに気が付き驚いて手を振り合う私達イケテル
知ってる顔が見えてとっても嬉しい&安心しました楽しい

しかーしワッ!先生を驚かす為、顔をマンガで隠しながら進むtataマル秘ヒヒヒイヒヒ

そしてやっと私の順番が!

『せんせー、来ましたよ〜楽しい着物なんか着ちゃってすごいキレイじゃないですか〜グッド

『うわぁ汗びっくりしたぁてれちゃう今日は頑張っちゃった〜ニコニコ

とっても着物が可愛かったですラブ
アキコ先生サイン会

少し雑談などして、サインもらって満足満足OKなぜか座り込んでいるtataたらーっ
せっかく可愛いブラウス着てたのにカメラ撮る時、コート脱げば良かったわ悲しいなんせ寒かったからあめ

アキコちゃんを裏表紙に描いてもらいましたグッド
※ちなみに左に見えるのが主人公の健一です。
ひまわりっ 健一レジェンド


そいえばね、関係ない話なんだけど。。。
今回のサイン会の検索がてらモーニングのHP見たら『課長 島耕作』って今はずいぶんと出世して『常務 島耕作』なのね。。。常務島耕作ってなんかピンとこなくない〜?
島耕作はやっぱ課長だよ!
とブツブツPCPCの前でつぶやくtataでしたニョロ
んじゃさぁ、「部長 島耕作」ってのもあったわけ?

つぶやきはまだまだ続く。。。


アキコせんせーへ

いつもありがとうございます♪
またお友達を沢山ご紹介いただき、感謝してます<(_ _)>

昨日はお疲れ様でした!!
アキコせんせーのブログ見つけたのでTBさせていただきました♪
ブログ、地元ネタ多くて爆笑です。(甘味屋さん&寿司屋etc。)

せんせー、最近イメチェンしたみたいですね〜ラッキー
今日は、お着物だったのでエビちゃんぶりが分かりませんでしたが、
『エビちゃんver.のアキコせんせー』を早く見たいですさくらんぼ

それでは、大阪&福岡のサイン会も頑張ってください(^o^)/



ただいま、ファッションブログランキングに参加中汗
応援してくださ〜いラッキー
下のバナーをクリックお願いします。

down
にほんブログ村 ファッションブログへ
| tata(たーた)♪ | | 09:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
私なりの『東京タワー』


Yahooのトピックスを見たら
リリー・フランキーさん著の読書『東京タワー』100万部突破だって!
ホント、昨年は「東京タワー読みました?」「私まだなんですよぉ...」って会話を何人のお客様と交わしたことだろう。

リリーさんのことはコラムやTVetc...で見かけは繊細でシャイな感じなのに、喋るとエロエロでギャップがオモロイ人だな〜!って思ってました。
イラストもオモロイし♪(モンカビのお客様にもファン多し)
リリーさん初の長編小説ならさぞかしオモロイだろうな〜ってずっと気になっていた本。

 実は年末のお休み中に読みました。

読む前はみんなに「どうだった?どうだった?面白かった?泣けました?」なんておちゃらけて聞いていたけど、いざ読んでみるとそんな軽い気持ちで話題に出せるような本じゃありませんでした。
事実、ブログに書くまでにも1ヶ月もかかってるし。。。

泣けるか泣けないかなんてどうでも良いことでした。
今までわざと気づいていないふりをしていたところをチクリチクリとやられる感じで
「もう読みたくないよ!!」って途中で投げ出したくなるほど私にはキツイ内容でした。
実際、途中で何回も本を閉じてしまいました。

リリーさん同様(正確に言うとリリーさんのところは離婚していないので母子家庭ではないのかもしれませんが)、私自身も一人っ子の母子家庭で育ち、重なるところが数多くありました。
自分のことを犠牲にしてまでの無償の愛を裏切るかのような親不幸の数々。
やさしい言葉の代わりに「うるさいな〜。ちょっと静かにしてよ。」って言ってしまうところ等々。

は〜。感謝の気持ちを伝えるまで母は生きているのかな。
っていうより、母が生きているうちに私は感謝の言葉を言えるだろうか。

とりあえず、今年の10月の母のバースデーには感謝の手紙でも書こうかな。
去年もちらっと思ったけど照れくさくて結局書かなかったんだよねくもり
親にこうゆうのってすごく恥ずかしくない?顔から火が出るくらい汗


文中にも何度も登場し、題名にもなっている【東京タワー】

私にとっての東京タワーは小さい頃から当然あるもので見えると安心するもの。
何か目的や夢があって上京した人達とは『東京』に対しての思いが決定的に違う。
私にとっては東京は故郷そのもの。親もまた東京の人だから、帰れる田舎はない。
その辺りはリリーさんとは全く違うけれど、こんなにイタイ思いをさせられた本は初めてです。

母親というものは実に本当に無欲なものです。
だから
母親を泣かすのはこの世で一番いけないことなのです。(本文より)



リリーさんの『東京タワー』は小説というより、オカンへのすごく直球ストレートな感謝状メールピンクだと思いました。

それにしても、物を書くというのは心の中の吐露だというけれどここまでよく吐けたな〜。ホントリリーさんすごいです♪

今日は私も見習って少し吐いてみました^^

皆さんなりの『東京タワー』(感謝状)書いてみてはどうですか?


| tata(たーた)♪ | | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>


tataのお気に入りCDです♪
 店頭でもよくかけてます☆










このページの先頭へ